Just another WordPress site

ビッグエコーのバカッターの損害賠償や違約金はいくら?その後の処分についても

2019/02/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今年に入ってすき屋、くら寿司、もうまたかよと言いたくなるほど多発しているバカッター。

企業に対して大損害を与えるだけでなく本人にも不利益しか生まないにも関わらずなぜこのような行為が行われるのか理解に苦しみます。

そして今回はビッグエコーにてまた迷惑動画がアップされてしまいました。

この記事では迷惑動画をアップしてしまったバカッターに請求される損害賠償や社会的制裁など処分についてまとめました。

 

ビッグエコーのバカッターの損害賠償はいくら?

動画をアップする本人たちは悪ふざけや面白半分で事の重大さに気づいていませんが、これは営業妨害にも値する深刻な問題です。

過去の例では倒産や閉店に追い込まれた企業や店舗も存在しており、企業もこのような行為を防ぐために人材教育などに努めています。

それでもバカッターの被害が起きてしまった場合、企業は本人に対して当然損害賠償請求をします。

その金額はアルバイトの給料では到底支払出来ない金額、過去の例では2000万の請求、実際は500万ほどの支払いとなるのではと言われた例もあります。

本人だけでは背負えない場合は家族にも降りかかり高額の賠償金を背負って生きていくということになります。

また雇用時にこのような迷惑行為に関する誓約書などを交わしていると、違約金が発生することもあります。

今回のビッグエコーではそのような契約が交わされているかは不明ですが、風評被害は計りしれず信頼を失くしてしまった損害は大きいので損害請求は間違いなくされるでしょう。

個人的には今後の啓発のためにもしっかりと請求して戒めにしていただきたいと思います。

 

バカッターのその後はどうなる?

バカッターへの制裁は損害賠償による借金だけで済むものではありません。

学生の場合はバイトは当然解雇になり、退学処分やその後の進路にも影響を及ぼすでしょう。

社会人の場合も同様、解雇されその後の再就職も厳しくなってしまいます。

また動画の拡散の勢いはすさまじく、一度出回ったされた動画は消すことができません。

想像以上に大事になり慌てて消しても時すでに遅し。

ニュースで実名報道されなくても最悪名前や学校まで特定されて写真がネット上に拡散されてしまうこともあります。

今回のビッグエコーの店員さんに関してはバイトとのことなので当然クビは免れないですし、私生活の面でも影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

ビッグエコーのバカッターに対するネットの反応は?

やはり、批判や怒りの声やもはや呆れている方、お店にもう行きたくない、行けないという意見が出ています。

またタレントにつるの剛士さんもツイートしており

このようにコメントしています。

本当にまただ・・・で終わってはいけない重要な問題ですよね。

まとめ

ただの自己承認欲求やお金を稼ぐなどの目的、はたまた純粋に面白がっての悪ふざけか分かりませんがニュースになるたびにただただ深いなバカッターの迷惑動画。

罪を重くして再発の抑制が必要だと思います!

企業の教育に関しても問題が問われていますが個人的にはモラルの問題でこんなくだらないことまで誓約書を書かせたり、1つ1つ言わなきゃいけない世の中は少々悲しく感じます。

今回のビッグエコーについては処分や損害賠償請求に関しては発表されていませんが今後の動向に注目していきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© maminekoblog , 2019 All Rights Reserved.