Just another WordPress site

セブンイレブンのバカッターの高額損害賠償や違約金とはいくら?その後の処分についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

またバカッターによる事件が起きましたね。

今度はセブンイレブン横浜高島台店で同社は謝罪を発表しています。

今回の事件では損害賠償金額がかなり高額になると予想されています。

ではその金額がいくらなのか、またバカッターのその後の生活について考察してみました。

 

セブンイレブンのバカッターの損害賠償はいくら?

セブンイレブンの発表では事件を起こしたアルバイト店員2人に刑事・民事両方で法的措置の準備に入ったとのことです。

気になる損害賠償請求の金額ですが過去の例からしても1000万円を超えてくるのではないかと思います。

この請求金額については株価の下落なども関わってくるようで先にあったくら寿司の場合は時価総額27億円の損失が発生しました。

たった1つの動画、ちょっとした悪ふざけで億単位の損失ですよ!

企業にとったらたまりませんよね。

またアルバイト中の出来事に関しては未成年でも親の監督責任はないとみられ、動画投稿した本人に賠償責任が問われる可能性が高いそうです。

そう簡単に支払える金額ではない額が若くして降りかかってくることになりそうです。

個人的にはもう本当にこのような迷惑動画はただただ不快でやめていただきたいので今後同じような犯罪の抑制のためにも厳しい罰を課していただきたいと思います。

 

違約金は発生するのか?

最近では雇用の際にこのような迷惑動画に関する規約を誓約書に署名させる企業があります。

今回のセブンイレブンではどうだったか分かりませんがもし、何かしらの書面を交わしているとなると違約金というかたちで請求がある可能性もあります。

こんなくだらないことに誓約書を書かなければ防げないというのは悲しすぎますが、企業側は自己防衛のために今後はこのような取り交わしを採用時にする必要があるのかもしれません。

このような事件のたびによく企業側の教育が徹底されていないようなことを言われますが、私はこれがいけないことだと、大変なことになるという想像力の欠如の方がずっと問題だと思います。

モラルの問題であって自己承認欲求のために自分で制御かけれないというのは非常に危険だと思います。

 

バカッターのその後はどうなる?

多額の損害賠償を背負っていくことになるのは間違いないでしょう。

今回このバカッターは大学生ということで最悪退学もあると思います。

さらに今後の就職なども厳しくなると思います。

民事訴訟で損害賠償請求されることはもちろんですが刑事訴訟もされるということは威力業務妨害や営業妨害、名誉棄損などでも罪に問われることになるのでその罪を償っていく生活になりますね。

 

セブンイレブンのバカッターにネットの反応は?

お怒りの声や呆れている声、または問題になる迷惑動画が非正規雇用の従業員であることが多いことから給料の安さや雇用形態に問題があると指摘している方もいました。

 

まとめ

本当になぜこんな事件が繰り返されるのか疑問ですが、今年に入ってからすでに4件目・・・

最近はYoutubeではなくインスタのストーリーに投稿することが多く動画が短いことから罪意識がさらに低下する傾向にあるようです。

このような動画を撮って投稿したらいいねよや注目されることよりも、その後どうなるのか、ここまで考えていただきたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© maminekoblog , 2019 All Rights Reserved.