Just another WordPress site

新生児黄疸で肌の色はいつまで黄色い?実際の退院後の経過や長引く原因についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

私の息子は出産後3日目に新生児黄疸と診断され光線治療をしました。

その後退院するも、経過観察で数値に引っ掛かり1泊入院、その後治療はなかったものの肌の色がなかなか白くならなくて不安な思いをしました。

この記事では新生児黄疸と診断されてから肌の色が白くなるのはいつなのか、退院後の経過を写真とともにお伝えし、長引くときの原因についてもまとめました。

 

新生児黄疸の肌の色が黄色いのはいつまで?白くなる?退院後の経過

新生児黄疸とは

黄疸とは赤血球の分解された後のビリルビンという物質が増加することで皮膚や粘膜にたまり黄色になった状態です。

新生児黄疸と診断されたときに病名として「高ビリルビン血症」と表記されるのもこの物質の名前からです。

胎児のときには赤ちゃんの体内に赤血球がたくさんあり、それが破壊されたくさんのビリルビンが作られるのですが新生児期の赤ちゃんには肝臓の働きが未熟で十分にビリルビンを処理できないため黄疸としてでてきてしまいます。

これを生理的黄疸といい、程度の差はありますがほとんどの赤ちゃんに症状が見られ、その確率は9割以上とも言われています。

症状の出方は生後2~3日で現れ、4~5日がピーク、その後1~2週間で消えていくとという経過をたどります。

また栄養不足も関係しており、産後すぐ母乳育児で出が悪かったりすると赤ちゃんも栄養不足になるため黄疸になりやすいと言われています。

 

新生児黄疸の症状は見た目でわかる?

先ほど程度に差があるといったように見るからにわかる場合とよく見なきゃわからないというレベルまで様々です。

見るポイントとしては肌の色と白目の部分の色ですね。

息子の場合、数値が特にひどいというわけではなかったですが光線治療を受ける度合いだったため見た目にもよく表れていました。

ただ親だと毎日自分の子どもを見ているから正直あまり分からないんですよね^^;

私は産院が個室の病院で、他の赤ちゃんを見る機会があまりなかったため実感がありませんでした。

そのため2週間検診で他の赤ちゃんを見てびっくり!!

黄疸の出てない子はこんなに白く透明感に溢れているのかと!!

そして忘れもしない友人がお祝いに来てくれたときのこと。

息子を見て一言・・・

「なんか地黒?色黒だよね~」

つまり、パッと見てそう思うくらいに黄疸の症状が出ていたということです。

ですが毎日見ているとやはり見慣れてしまって判断できないので、我が子が黄疸ではないか?治療が必要なのでは?と気になる方は白目を見てみると良いかもしれません。

黄疸の出ていない子の白目は青白いというくらい白いので黄みがかっていれば黄疸の症状といえます。

黄疸が出ていれば必ず治療がいるかというとそうではないので心配な方は病院を受診し指示を仰ぎましょう。

 

黄疸の肌の色が黄色いのはいつまで?白くなる?

結論、黄疸の症状がなくなれば白くなります。

ただその白くなる時期は必ずしも先ほどの1~2週間というわけではありません。

後ほど詳しくお話しますが、新生児黄疸の中には母乳性黄疸というものがあり、それの影響があると生理的黄疸(高ビリルビン血症)は良くなっていても黄疸の症状は消えないということになります。

息子の場合もそのパターンで産後3日で高ビリルビン血症と診断され、その後母乳性黄疸で結局白くなるまでに4ヵ月ほどかかりました。

 

退院後の経過

実際の経過がこちらです。

<生後6日目>退院日

今見るとかなり黒い!

そりゃ色黒と言われるわけです^^;

 

<生後1ヶ月>

まだまだ黒いですね~!

良くなる気配は全く感じませんでした。

1ヶ月検診で黄疸が良くならないことを伝えたらこれは母乳性黄疸だから治療はいらないと言われました。

 

<生後2ヶ月>

なかなか黄疸は消えません。

心配にはなりましたが先月と比べてだいぶ良くなってきました。

このころは白目も黄色く濁っている感じで目を覗いては心配していました。

 

<生後3ヶ月>

やっとお肌に透明感が!

この1ヶ月でかなり変化しています。

 

<生後4ヶ月>

もう黄疸ではない赤ちゃんと同じくらいの白さになり黄疸は消えました。

目も青白く、大人の黄疸でも白目が黄色くなるといいますが、本来の白さはこんなに澄んでいるんだなと実感していました。

4ヵ月という長い時間は要しましたが白くなりました!

なので今、心配されているお母さん!大丈夫ですよ!

生理的黄疸や母乳性黄疸による症状は時間はかかっても消えますし、肌は白くなります。

 

新生児黄疸が長引く原因

病的黄疸と母乳性黄疸

新生児黄疸が長引く原因として、病的黄疸と先ほど軽くお話しました母乳性黄疸というものがあります。

病的なものいくつかあり、肝臓の機能に問題があったり、胆汁の排泄が上手くいかないことによる原因のものなど詳しく調べて治療をしなければ重篤な症状を引き起こすこともあります。

そのため強い黄疸の症状が現れた場合や便に異常がある場合は速やかに病院を受診して黄疸の原因を特定する必要があります。

病的な黄疸でなく母乳性黄疸だったという場合は特に治療はありません。

 

母乳性黄疸はいつまで続く?

息子の場合は4ヵ月ほどかかりましたが、だいたい3ヶ月ほどで治まると言われています。

治療はとくになく時間とともに良くなっていきます。

母乳が原因なら母乳をやめた方がいいのかと考えるかもしれませんが、それは母乳の出が悪くなり乳腺炎などを引き起こしたりその後の育児に影響がありますので、ご自身で判断するのはやめましょう。

また母乳性黄疸か病的なものなのかの判断も自分では難しいと思います。

なのでなかなか黄疸の症状が良くならない、または強くなっていく、黄疸以外にも気になる症状があるという場合は早めに医療機関へ受診しましょう!

 

まとめ

新生児黄疸の肌の色はいつまで黄色いのか、白くなるのか、実際の経過と長引く時の原因についてまとめました。

・生理的黄疸は1~2週間で消える

・母乳性黄疸は症状が消えるのに3ヶ月ほどかかる

・長引くときは母乳性黄疸を疑うが病的要因のときもある

黄疸は重大な病気が隠れていることもありますので、気になる症状がある方は病院を受診しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© maminekoblog , 2019 All Rights Reserved.