Just another WordPress site

日向坂46の名前の意味や由来は?イメージカラー空色と読み方を変えた理由についても

2019/02/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

欅坂46とともにひらがなけやきとして活動していたけやき坂46が日向坂46に改名してデビューすることが発表されました。

メンバーやファン待望のデビューということで盛り上がっていますが、この改名は本人たちにも知らされていませんでした!

この記事では日向坂46の改名した意味や由来、またイメージカラーの空色に込められた思いや願いについてまとめました。

日向坂46の名前の意味や由来は?読み方についても

日向坂46の名前の由来や読み方

坂道シリーズということで秋元さんの意向として基本的には実在する坂の名前をつけたいという思いがあったようです。

乃木坂は東京メトロに同名駅があり、欅坂は東京、六本木にある「けやき坂」から始まっています。

実は欅坂46は秋元さんは「けやき坂46」として結成しようとしたそうですが画数の運勢が漢字の方が良かったことと運営側が漢字で誤って感じで認識していたことから欅坂46に決まったようです。

どこかのタイミングでけやき坂46の改名を模索していたようで最近のメンバーの活躍やチームの力や人気から満を持してデビューとなったそうです。

日向坂の場合、実在する坂は「ひゅうがざか」と読むのだそうですが、「ひなたざか」という読みに決まったのはまたしても字画の関係だそう!

また「ひなたざか」の方がひらがなにしたときの字画がいいことと、ひらがなけやきからの改名ということを考慮してひらがな表記時の運勢にこだわったそうです!

 

日向坂の名前の意味や込められた思い

なぜ日向坂だったのか、このことは語られていませんが彼女たちのイメージやコンセプトに関係しているのではないでしょうか。

けやき坂46はクールでかっこよく笑顔をあまり見せないスタイルの欅坂46とは真逆で、見る人を幸せにする「ハッピーオーラ」をコンセプトに活動しています。

ライブなどでも元気で明るく、ニコニコ笑顔を振りまく彼女たちの姿は日向(ひなた)という言葉がピッタリと当てはまりますよね!

この改名にキャプテンの佐々木久美さんも「温かい雰囲気を感じるしかわいい名前」とコメントしています。

その他のメンバーもこの名前を絶賛!

ひらがなけやきに対するメンバーやファンの思いも尊重し考慮された坂の名前が日向坂だったのではと思います。

 

日向坂の場所はどこ?

日向坂は東京都港区三田一丁目と二丁目の境にあります。

さらにけやき坂46時代からの熱心なファンはこの改名を予測していて発表前から訪れていた人もいるようです!

志茂田景樹さんはブログでこのようにコメントしています。

港区の日向坂は歩いて素敵な坂である。

日向坂の一角は日本有数の大変オシャレな街。

日向坂46にお似合いかなあ。

引用:志茂田景樹LINEブログ

志茂田さんがファンなのかよくわかりませんがメンバーの雰囲気にとても合う街並みなのでしょう。

日向坂46のファンならぜひ1度は聖地巡りとしていきたい場所の1つになるのは間違いありませんね^^

 

イメージカラーが空色の理由


日向坂46のイメージカラーは空色と発表されましたね。

この色には「空高く跳べるように」という意味が込められています。

水色ではなく空色というのが日向坂の名前にも合っていていいですよね!

またファンの方の言葉にこのようなツイートがありました。

空には暗い夜や曇りや雨もあるのですよね。逆に何色でも表現できる可能性をもったグループになって欲しいという意向もあるのでしょう。

これすごくいいと思いませんか?

日向坂46の可能性を無限大に感じますよね!

日向のように温かく、空のように無限に広く活躍してくれると嬉しいですね。

 

まとめ

日向坂46の意味や由来、またイメージカラーが空色の理由についてまとめました。

デビューシングルの発売やライブ、専属モデルデビューなどいろんなことが発表されて今後ますます盛り上がっていきそうですね!

今後の活躍に注目していきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© maminekoblog , 2019 All Rights Reserved.