Just another WordPress site

竹島ファンタジー館の口コミや感想!料金割引情報や駐車場と混雑具合についても

 
この記事を書いている人 - WRITER -

竹島ファンタジー館と言えば蒲郡の言わずと知れたマイナーディープスポットですよね!

このたび10年ぶりに行ったらなんとリニューアルされてものすごく綺麗でパワーアップされていました!

この記事では竹島ファンタジー館の口コミや感想と料金割引情報や駐車場についてまとめました。

竹島ファンタジー館の料金や場所と営業時間

入館料金

料金 年間パスポート
大人 1000円 2200円
小人(小・中学生) 500円 1200円
幼児(3歳以上) 300円 800円
シニア(60歳以上) 800円 1800円
障がい者割引 200円割引 要確認

 

アクセス

住所:〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町28-14

電話:0533-66-3888

電車の場合は最寄りがJ東海道本線の蒲郡駅か名鉄蒲郡線の蒲郡駅になるのですがどちらも駅からファンタジー館まで徒歩20分くらいかかるのでお車、またはバスに乗る方が負担が少ないかもしれません。

バスの場合は名鉄バス東部ラグーナ蒲郡線の竹島東で下車、そこから徒歩3分となっています。

 

営業時間

3月~6月・9月~10月 9:00~17:00
7月~8月 9:00~17:30
11月~2月 9:00~16:30

このように季節によって閉館時間が異なりますのでご注意ください。

また入館は閉館時間の1時間前までとなっています。

 

竹島ファンタジー館の駐車場の場所や料金

駐車場は、竹島ファンタジー館の入り口から見て裏手にあります!

100台収容できる大きな駐車場で料金は無料です!

 

竹島ファンタジー館の入館料金の割引情報

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」にて割引クーポンがあります。

大人       1000円→800円
シニア       800円→650円
小人(小・中学生) 500円→400円
幼児(3歳以上)  300円→250円

正直、通常の入館料、普通に高いですよねw

とくにリニューアル前の状態を知っている方はそう思われるでしょう。

ぜひ行く際はクーポンを使ってお得に行きましょう!

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」

他のサイトでも割引情報はありましたがいこーが一番割引率が高かったです!

 

竹島ファンタジー館の混雑状況や所要時間は?

平日に行けばまず混雑はないでしょう!

私は4月の平日に行きましたが駐車場に止まる車は3台!(笑)

当然館内もすっからかんでほぼ貸し切りの様な状態でした。

土日や大型連休などは混む可能性はありますが施設自体がそんなに長居する場所ではなく回転率は早いと思うので他のテーマパークのような待ち時間はないのではないかと思います。

所要時間はざっと回れば1時間もかからないぐらいだと思います。

 

行ってみた感想や口コミ!見どころも

まず思ったのはすごい!

リニューアルされてこんなにもきれいになったのかと驚きました!

館内は5500万個の貝と2万個の青色LEDライトで作られているそうで何とも言えない不思議で怪しげな雰囲気は残しつつ、照明などで幻想的な空間を演出しています。

見るだけでなく、貝を絵馬に見立てた神社が新設されていたり時空を飛び越えることもできますw

体験系は実際に大人の人が座れる貝が置いてあって写真スポットにもなっていました。

そしてそこに置いてあるのがなぜか金髪のカツラ!

たぶん人魚をイメージされているのでしょう。

このシュールさがまたこのファンタジー館の面白さですよね^^

さらに謎なのがスタンプラリーでクリアすると景品がもらえました。(めちゃくちゃ簡単で子供でもできるスタンプラリーです)

その景品が貝または植木鉢!えっどゆこと?本当に謎です(笑)

その他にも音と連動して光るような仕掛けや小さな貝の博物館のような空間、お土産屋さんもあります。

段差はなくベビーカーで回れるので赤ちゃんや子連れでも大丈夫ですが1箇所ドラゴンが吠える演出のところがあるのと、全体的に暗いので怖がるお子さんもいるかもしれません。

正直リピーターは料金的にも難しいと感じましたが1度は行って欲しいと思う場所です!

 

まとめ

蒲郡にある竹島ファンタジー館についてまとめました。

行ったことのない方や昔行ったことがあるという方にもぜひ1度は行って欲しいなと思う空間でした!

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© maminekoblog , 2019 All Rights Reserved.